中国

中国における自撮り文化圏に最適なSONYのデジカメDSC-KW1と自撮りの文化を見てみる

この記事の目次

最近日本でもスマホで自撮り出来る「自撮り棒」なる物が発売されています。
中国ではというか日本以外の国では自撮りをする文化が根強く、SNSやコミュニティーでも自撮り写真をアップしている人がたくさんいる。

CIMG0995

目的

・SONY DSC-KW1の秘密
・中国での自撮り文化
・自撮りカメラの種類と機能
・販売戦略
今回は自撮りカメラの種類と販売戦略を考察して見ます。中国でどうやれば売れるのか、売るための販売戦略はどういった方法をとれば良いのか。

SONY DSC-KW1の秘密

CIMG0996
今回上海の街角で見かけた広告SONY製「DSC-KW1」品番にKW1を無理矢理読むと「かわいー」と読めます。
中国でも「かわいい」という単語は「卡哇伊(ka wa yi)」として若い世代では普通に使われています。
そういった意味で品番をつけたのだろうと読み解けます。この方が覚えやすいですよね。
と言う事はこの商品は最初から中国のマーケットをターゲットにしていると言う事です。
商品サイト:SONY DSC-KW1

中国の自撮り文化

中国では自分の写真を撮る事を「自拍(zi pai)」と呼びます。町を歩いても、観光地に行ってもそこら中で自分撮りしている。
これは自分大好きという意味ではなく、自撮りをする文化が元からある為です。
自分がかわいくなくてもお構いなしで写真を撮っています。撮った写真をどうするのか?
中国内のサービスで「微博」「微信」などで公開しています。
その写真に対して友達から「きれい」「かわいい」「かっこいい」等の賞賛を与えるのも良い文化です。
日本のように自撮りを出す事=身の危険が及ぶと言う事は考えられず、ある意味安全な国日本がネット上では危険な国日本になっているのだと思います。

自撮りカメラの種類と機能

今回紹介するSONY製DSC-KW1のカメラの前に爆発的にヒットしたカメラがあります。
CASIO製EX-TR100という機種
香港在住のモデルが「微博」で自撮り写真を公開したところファンから「こんなにきれいに取れるカメラは何を使っているのか?」と言う問い合わせからこのカメラを紹介したところ売れ行きが伸びました。
参考:カシオの不人気デジカメが台湾や中国で大ブレイクした理由

日本での売れ行きはてんでダメ、しかし自撮り文化の発展している中国(香港、台湾)ではみんな欲しいと言う現象が生じ、いつしかこのカメラを持つ事自体がステータスにもなっています。
その後シリーズは順調に進化を遂げて日本での販売は取りやめ中国(香港、台湾)市場をターゲットにしてきました。
EX-TR100、EX-TR150、EX-TR200、EX-TR350、EX-TR500と進化しWiFi対応、美白モード、微博、微信にアップロード機能など中国独自のサービスも追加しています。
自撮りを前面に打ち出した専用カメラは「CASIO製TRシリーズ」と「Sony製DSC-KW1」だけです。
中国では自撮りのカメラを自拍神器(zi pai shen qi)つまり自撮り神器と呼ばれています。

販売戦略

中国でも日本と同じく販売戦略はメディアやクチコミが大事になりますが、若い世代はメディアよりクチコミ、しかもネットでのクチコミが相当な威力を発揮しています。
先ほどのCASIO製EX-TRシリーズが売れるきっかけになったのも「微博」のおかげ。
そういった意味で「SONY製DSC-KW1」は微博での宣伝に力を入れており、モデルを使っての戦略に集中しています。
WS000000
※微博で見かけたモデルによる宣伝

また自撮りは女性が好んで行っているため、今回のSONY製も女性に人気の出るように香水瓶をモチーフにして持つ喜びと撮る楽しみを両立している。

まとめ

自撮り文化のある中国で爆発的にヒットした自撮りカメラ、この文化は無くなる事もなくCASIO独断場をSONYが虎視眈々と狙い始めた。
後発の不利な状況をカバーするために
・日本のブランドである事 ※今でも電化製品は日本ブランドの方が人気がある
・呼びやすい名称 ※品番がKW1でかわいいと読める
・徹底的なクチコミ戦略 ※微博での戦略
・持つ喜び ※香水瓶をモチーフにしたかわいらしい外観
で良く販売戦略を練っていると思います。
昨日上海の街角で見かけた広告でふと思いました。
[rakuten]ilbianco:10009087[/rakuten]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Zenfone5 LTEのアクセサリーを購入前のページ

春秋航空の予約チケットが時間変更になって連絡があった次のページ春秋航空着信履歴

関連記事

  1. 中国

    中国で電動バイクのバッテリーを交換したので販売と修理がどうなっているのかを見てみる

    中国で爆発的な数で乗られている電動バイク。形も自転車タイプからスクータ…

  2. 春秋航空メール

    中国

    春秋航空の予約チケットが時間変更になって連絡があった ~その後~

    年末前に父親の四十九日を迎えるに当たって一時帰国を春秋航空でチケットを…

  3. 中国

    中国で水回りが詰まった場合は

    中国では水回りが良く詰まります。トイレ、風呂場、流し台等々水の流れ…

  4. 中国

    中秋節は母校訪問もかねて上海へ行ってきました

    中国は中秋節と言って9月19日から21日までお休みのところが多いです。…

  5. 中国

    中国でストレス解消でひとり焼き肉食べ放題に行く

    海外で仕事をしているといろんな事でストレスがたまる、日本にいたとき以上…

  6. 中国

    タイガーの軽量マグ「サハラマグ」を中国で愛用中

    中国で生活をしていると中国人は水筒を持ち歩いている光景を良く目にします…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

New Posts

Blog ranking

にほんブログ村 海外生活ブログ 蘇州情報へ
スポンサードリンク

archive

PAGE TOP