中国

日本では珍しい楊梅(ヤマモモ)と呼ばれる食べ物について

中国ではこの6月の短いシーズンだけ良くとれるフルーツがあります。楊梅(ヤマモモ)と呼ばれるフルーツで中国語で読むと「ヤンメイ」と呼ばれるものです。

ヤマモモ

この楊梅(ヤマモモ)はWikipediaによれば日本にも「関東以南の低地や山地に自生する」とのことです。

中国では何処でもよく見かけるのですが、取れる時期が本当に短く買うタイミングを逃すとあっという間に市場で見当たらなくなってしまいます。
そういえば以前もこの楊梅(ヤマモモ)について記事にした事がありました。

楊梅(ヤマモモ)を食べるためには注意が必要です。その表面のぼこぼこした形状から虫が良く付いておりますので塩水につけておき虫取りをおこないます。
ボールに水を張り塩を適量投入し1時間ほどさらしておくと良いでしょう。

ヤマモモを塩水に

 

少し経って水面を眺めてみると本当に虫が浮かんできているのが見て取れます。

ヤマモモから取れた虫

写真では黒点に見えるモノが楊梅(ヤマモモ)から取れた虫になります。1時間ほど経ったら流水にて洗って食べることが出来ます。
この楊梅(ヤマモモ)の中には小さな種が入っています。
食べる前に冷蔵庫で冷やして食べるも良し、冷凍庫で凍らせて食べるも良しなのでお好みに応じて。

このシーズンは良く取れるのでスーパーで購入する以外にも、おばあちゃんたちが山で取ってきたばかりの楊梅(ヤマモモ)を道ばたで量り売りしている光景も見られます。
味は甘酸っぱい味ですが酸味はほんの少しなので食べやすく好き嫌いが出にくい口当たりとなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 中国

    中国の仏教寺院と道教寺院の違い

    中国には中国三大宗教として仏教、道教、儒教がある。今回は仏教と道教の違…

  2. 春秋航空 時間

    中国

    上海高松を春秋航空を使用してみたので足取りを見てみる

    先日春秋航空を使用して中国から日本へ帰国してみました。駐在先は中国…

  3. 電子ロック

    中国

    電子ロックは大変!中国で鍵を閉じ込めて閉め出された

    中国でも日本でも同じですが鍵を閉じ込めたらすごく焦りますよね。私が…

  4. 中国

    香港と大陸のイミグレについて

    広東省は深セン市と香港を行き来する為には我々外国人はイミグレを抜けなれ…

  5. 中国

    中国の総領事館からのメール

    デモ前から総領事館のメーリングリストに登録している。デモ前はデモの予測…

  6. 春秋航空着信履歴

    中国

    春秋航空の予約チケットが時間変更になって連絡があった

    年末に父親の四十九日を迎える事になり帰国を考えております。 (…

コメント

    • 敷香(しっか)
    • 2018年 6月 10日

     初めましてこんにちは。
     横浜に程近いJR関内駅の傍にある街路樹が正にこれです。この時期になると中国人観光客(?)と思しき人達がわしわし食べてるのを見かけます。洗って食べていないので、虫は平気なんですかねぇ?と思った次第でコメントしてみました。

     ついでに雌木と雄木があるのか、JR新宿駅の近くに植えてあるヤマモモの木にはなっているのを見た事がありません。

    • クニ

      敷香様
      コメントありがとうございます。日本の街中にも気があるのですね。
      山間部などに自生しているというのは情報として知っていたのですけど。
      そのまま食べると虫がついているのですが、たぶん大丈夫だと思います。
      私も食べ方知らなかったときにそのまま食べたことあります(笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

New Posts

  1. VAIO Pro11

Blog ranking

にほんブログ村 海外生活ブログ 蘇州情報へ
スポンサードリンク

archive

PAGE TOP