中国

日本では珍しい楊梅(ヤマモモ)と呼ばれる食べ物について

中国ではこの6月の短いシーズンだけ良くとれるフルーツがあります。楊梅(ヤマモモ)と呼ばれるフルーツで中国語で読むと「ヤンメイ」と呼ばれるものです。

ヤマモモ

この楊梅(ヤマモモ)はWikipediaによれば日本にも「関東以南の低地や山地に自生する」とのことです。

中国では何処でもよく見かけるのですが、取れる時期が本当に短く買うタイミングを逃すとあっという間に市場で見当たらなくなってしまいます。
そういえば以前もこの楊梅(ヤマモモ)について記事にした事がありました。

楊梅(ヤマモモ)を食べるためには注意が必要です。その表面のぼこぼこした形状から虫が良く付いておりますので塩水につけておき虫取りをおこないます。
ボールに水を張り塩を適量投入し1時間ほどさらしておくと良いでしょう。

ヤマモモを塩水に

 

少し経って水面を眺めてみると本当に虫が浮かんできているのが見て取れます。

ヤマモモから取れた虫

写真では黒点に見えるモノが楊梅(ヤマモモ)から取れた虫になります。1時間ほど経ったら流水にて洗って食べることが出来ます。
この楊梅(ヤマモモ)の中には小さな種が入っています。
食べる前に冷蔵庫で冷やして食べるも良し、冷凍庫で凍らせて食べるも良しなのでお好みに応じて。

このシーズンは良く取れるのでスーパーで購入する以外にも、おばあちゃんたちが山で取ってきたばかりの楊梅(ヤマモモ)を道ばたで量り売りしている光景も見られます。
味は甘酸っぱい味ですが酸味はほんの少しなので食べやすく好き嫌いが出にくい口当たりとなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 中国

    魅惑の街 深セン

    また今日も深センへ行ってきました。ここ最近香港…

  2. 中国

    深センで海鮮料理をリベンジしてきました

    もうすぐ誕生日ということで土曜は誕生会を催してくれました。深夜まで飲み…

  3. 中国

    中国の仏教寺院と道教寺院の違い

    中国には中国三大宗教として仏教、道教、儒教がある。今回は仏教と道教の違…

  4. 中国

    風邪

    新年早々風邪をこじらせてしまいました。一昨日あたりから鼻水が出てき…

  5. 錦渓古鎮

    中国

    江蘇省崑山市の錦渓古鎮散策

    先日の休暇に古鎮巡りをしようと思いました。そこでネットで調べて西塘に行…

  6. 中国

    続・深センで海鮮料理を食べてきました

    一昨年かな一度行った事があるのですが、知り合いの日本人のおじさ…

コメント

    • 敷香(しっか)
    • 2018年 6月 10日

     初めましてこんにちは。
     横浜に程近いJR関内駅の傍にある街路樹が正にこれです。この時期になると中国人観光客(?)と思しき人達がわしわし食べてるのを見かけます。洗って食べていないので、虫は平気なんですかねぇ?と思った次第でコメントしてみました。

     ついでに雌木と雄木があるのか、JR新宿駅の近くに植えてあるヤマモモの木にはなっているのを見た事がありません。

    • クニ

      敷香様
      コメントありがとうございます。日本の街中にも気があるのですね。
      山間部などに自生しているというのは情報として知っていたのですけど。
      そのまま食べると虫がついているのですが、たぶん大丈夫だと思います。
      私も食べ方知らなかったときにそのまま食べたことあります(笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

New Posts

  1. VAIO Pro11

Blog ranking

にほんブログ村 海外生活ブログ 蘇州情報へ
スポンサードリンク

archive

PAGE TOP