昔話

【昔話】だれだあの人!これが自分と中国の初めての出会い

たしか10年ほど前の事だったと思う、当時社会人になったばかりで入った会社ではデスクワークの仕事であった。

ただし2,3か月に1度出張で他県に出向いて取材を行っていた忙しい日々を過ごしていた。

 

出張から帰ってきてデスクワークで夜遅い帰宅を続けていたある日会社に一人の中国人女性が配属された。

 

パン「あの人だれですか?」

上司「東京事業所で採用になった人、社長が連れてきたんだって」

パン「ふーん…」

 

地方に住む自分は外人自体相手にするのが初めてで物珍しく思っていた。そして上司から意外な言葉を受けたのだった

 

上司「パン君、今日から君があの人の指導役ね!」

パン心の声(うげっ!内のチームに割り当てられて自分が指導役かぁ… どうやって教えていったらいいんだろうかぁ…)

パン「はい。わかりました!」

自分がその人の研修担当者として割り当てられてしまったのだ。わかりましたと答えたは良い物の本当の気持ちはめんどくさいなぁ、やりたくないなぁという思いでいっぱいだったのである。

 

当時の仕事内容は外国に絡みは無い、ただし内容によって外国語版を作る等の作業があり翻訳会社を使っていた時に外国語と触れ合うが外人と絡む事は一切無かったのだ。

 

パン「うーん、なんか変な状況になったがやってみるかぁ… 彼女も来たばかりで心細いだろうしあまり邪険に出来ないしなぁ」

 

こうして自分と中国人の初めての接点が彼女の存在であったのである。

 

はっ!そういえばこんなことも有った!!の前に中国語の勉強にどうぞ。

中国語学習にはバイブル的1冊です

留学中に友達から勧められた大人の会話集、イラスト解説で判りやすいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 上海財経大学

    昔話

    【昔話】上海に着いたよ!

    移動日当日朝早くに高速バス乗り場に向かう。両親からは困ったときのために…

  2. 上海財経大学

    昔話

    【昔話】中国で仕事を始める事の馴初め

    今現在中国でお仕事をしております。このブログの主な記録は現在の…

  3. 上海財経大学

    昔話

    【昔話】中国留学を決意したあの日

    当時勤めていた会社にてごたごたが起りました。そのごたごたに自分…

  4. 上海財経大学

    昔話

    【昔話】これは残酷な運命ということなのか

    ある日姉から有る話を打ち明けられた。東京事業所に戻りますと…元…

  5. 上海財経大学

    昔話

    【昔話】留学当日を迎えるまで

    留学を決定してからは情報集めにブログを開始した。そこで知り合った留…

  6. 上海財経大学

    昔話

    【昔話】今日から開始だ中国語

    仕事を教えるという事はその人にかかわる事が多くなる。すなわち話…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

New Posts

  1. VAIO Pro11

Blog ranking

にほんブログ村 海外生活ブログ 蘇州情報へ
スポンサードリンク

archive

PAGE TOP