日記

徳島にある熊谷寺であじさい鑑賞してきた

この記事の目次

前回徳島県まで抜けて神代文字を見に行ったが、これだけで帰るのはもったいないということであじさいが有名なお寺として紹介されていた第8番札所 普明山 真光院 熊谷寺を訪れてみたので紹介したい。

s-2016-06-10_12-52-49_00

お寺の歴史や由来は四国八十八ヶ所霊場公式ホームページを紹介しておきます。

熊谷寺の創建は815年らしいので1,200年の歴史があるようです。後に幾度かの火災に見まわれており第二次世界大戦後に再建されているが、多宝塔は安永3年(1774年)建立で四国最古の歴史だそうです。杉田玄白や平賀源内の生きた時代から建ってるのか。

熊谷寺のお寺紹介

あじさいを紹介する前にお寺の写真もあるので載せておきます。
安永3年建立の熊谷寺の多宝塔は一番上の軒は極彩色に彩られて組み木が美しいですね。

s-2016-06-10_12-49-26_00

続いて阿吽像のある中門です。

s-2016-06-10_12-57-22_00

中門を抜けると本堂にたどり着きました。

s-2016-06-10_12-53-24_00

本堂の裏手には大師堂があります。

s-2016-06-10_12-54-40_00

あじさいがきれいに咲き誇る熊谷寺

あじさいが見られるポイントは仁王門から納経所までと多宝塔から本堂までになります。まずは仁王門からのあじさいから。

s-2016-06-10_12-46-43_00 s-2016-06-10_12-46-32_00 s-2016-06-10_12-46-11_00 s-2016-06-10_12-45-46_00 s-2016-06-10_12-45-21_00 s-2016-06-10_12-45-05_00 s-2016-06-10_12-44-50_00

まだまだみずみずしいあじさいが咲き誇っていました。

続いて本堂への道すがらに咲いているあじさい。

s-2016-06-10_12-52-24_00 s-2016-06-10_12-51-26_00 s-2016-06-10_12-51-07_00 s-2016-06-10_12-52-01_00

熊谷寺は山の中にあるため公共交通機関で行くことが出来ないので車で移動することになります。また境内では読経が聞こえてきたため、見られるのかな?と思いましたがスピーカーから流されている音でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

これはハングル?徳島県にある神代文字石碑を見に行ってきた前のページ

さぬきうどんの「はな庄」でうどんを食べてみた次のページ

関連記事

  1. 黄山光明頂

    日記

    中国の世界遺産 黄山を登りご来光を拝めるのか ~ご来光編~

    黄山登山もいよいよ終局です。今回は山頂宿泊後、翌朝ご来光を拝めるかにな…

  2. 日記

    しつこい風邪

    ここ1週間以上風邪を拗らせておりました。風邪をひいて土日に寝て過ご…

  3. 日記

    Excellがいきなりコピーできなくなった、けどいつの間にか治った…

    Excellって仕事でよく使いますよね?時々なぜだか訳のわからないエラ…

  4. 上海浦東空港

    日記

    駐在員の一時帰国は疲れる

    今空港で飛行機待ちのものです。駐在員の一時帰国って結構めんどくさいもの…

  5. 日記

    清明節の旅行

    遅ればせながら清明節の旅行日記を書かせていただきます。詳しくは後日一…

  6. 日記

    Zenfone 5 LTEをお守り代わりに母親に購入

    先日父親を亡くし母親は落ち込んでいるのかなぁと思ってはいましたが、そん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

New Posts

  1. VAIO Pro11

Blog ranking

にほんブログ村 海外生活ブログ 蘇州情報へ
スポンサードリンク

archive

PAGE TOP