日記

徳島にある熊谷寺であじさい鑑賞してきた

前回徳島県まで抜けて神代文字を見に行ったが、これだけで帰るのはもったいないということであじさいが有名なお寺として紹介されていた第8番札所 普明山 真光院 熊谷寺を訪れてみたので紹介したい。

s-2016-06-10_12-52-49_00

お寺の歴史や由来は四国八十八ヶ所霊場公式ホームページを紹介しておきます。

熊谷寺の創建は815年らしいので1,200年の歴史があるようです。後に幾度かの火災に見まわれており第二次世界大戦後に再建されているが、多宝塔は安永3年(1774年)建立で四国最古の歴史だそうです。杉田玄白や平賀源内の生きた時代から建ってるのか。

熊谷寺のお寺紹介

あじさいを紹介する前にお寺の写真もあるので載せておきます。
安永3年建立の熊谷寺の多宝塔は一番上の軒は極彩色に彩られて組み木が美しいですね。

s-2016-06-10_12-49-26_00

続いて阿吽像のある中門です。

s-2016-06-10_12-57-22_00

中門を抜けると本堂にたどり着きました。

s-2016-06-10_12-53-24_00

本堂の裏手には大師堂があります。

s-2016-06-10_12-54-40_00

あじさいがきれいに咲き誇る熊谷寺

あじさいが見られるポイントは仁王門から納経所までと多宝塔から本堂までになります。まずは仁王門からのあじさいから。

s-2016-06-10_12-46-43_00 s-2016-06-10_12-46-32_00 s-2016-06-10_12-46-11_00 s-2016-06-10_12-45-46_00 s-2016-06-10_12-45-21_00 s-2016-06-10_12-45-05_00 s-2016-06-10_12-44-50_00

まだまだみずみずしいあじさいが咲き誇っていました。

続いて本堂への道すがらに咲いているあじさい。

s-2016-06-10_12-52-24_00 s-2016-06-10_12-51-26_00 s-2016-06-10_12-51-07_00 s-2016-06-10_12-52-01_00

熊谷寺は山の中にあるため公共交通機関で行くことが出来ないので車で移動することになります。また境内では読経が聞こえてきたため、見られるのかな?と思いましたがスピーカーから流されている音でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 日記

    うどん県民はどうしても帰国するとうどん屋に足を運んでしまう

    蘇州で食べるうどんはどれも納得出来ないのですが、一度イオンモール園区店…

  2. 日記

    清明節

    本日は中国の清明節でお休みでした。赴任して3年…

  3. 葑门横街入口

    日記

    蘇州の街並み 葑門横街

    誕生日を迎え昼飯でラーメンを食べに行って来た後の蘇州街並み探索です。…

  4. 日記

    自分の甘えを正すためにはどうすれば良いのか

    ブログを書いていてすこしバカなことを書いてみたりしているが今日はまじめ…

  5. 日記

    仕事が暇になっています

    自分の仕事が有る程度片付いて今は少しゆっくり出来ている。中国に駐在を開…

  6. 日記

    一時帰国で使用した高速バスがアップグレードされていた

    毎回一時帰国後は本社出社を済ませると休暇をいただくようにしています。会…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

New Posts

  1. VAIO Pro11

Blog ranking

にほんブログ村 海外生活ブログ 蘇州情報へ
スポンサードリンク

archive

PAGE TOP